洋光台 整形外科 リウマチ クリニック やそだ整形外科リウマチクリニック 整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科 内科

新型コロナウイルスワクチン接種

新型コロナウイルスワクチン接種

新型コロナウイルスワクチン接種につき多数のご質問、ご要望が多数寄せられているため院長から現状をお伝えします。
前置きはいいからいつからなんだ!という方は後半の<'当院の方針'>へお進みください。

コロナワクチンに対する質問はこちら👉Q&Aコロナワクチン

神奈川県では4月下旬から医療従事者向けの接種が行われており当法人スタッフ60余名も5/1に第1回接種が終了しました。
当院は同時に他院医療従事者の接種も受け入れる契約になっているため今後5月中を目途に2回の接種を完了する予定です。この事業は神奈川県が行っています。皆さんの接種担当をする医療従事者のもまだ2回の接種が終了していない方がいらっしゃいます。(令和3年5月20日現在)
当院は連携型Aに登録しているため一般接種の他地域の医療従事者にも接種する時間を作っています。

一方 高齢者、疾患のある方を優先に行い最終的には16歳以上の方を接種する事業が5月下旬より始まります。これは横浜市が行っています。

ちなみにシステムは多岐にわたり国、県、市で独自のシステムが複数あるため非常にややこしいことになっています。
院長も毎日深夜に送られてくるメールと資料、資材の説明書を読むことに翻弄されています。

当クリニックのように地域の方を対象で行う接種方法を個別接種と呼びますが、スポーツセンターや公会堂などで行う多人数に一斉に行う※集団接種という方法もあります。
※院長は集団接種にも医師会の業務として携わります。

5月3日から集団接種の予約の電話受付をスタートしました。

さらに多人数に接種をするために東京大阪で大規模接種会場が設定されました。

当院でも最近診察室でコロナウイルスワクチン(以下コロナワクチンといいます)についての質問が目立つようになりました。
ご自分がコロナワクチンのを打ってもよいかとご質問を受けます。
これだけ皆様の関心が高いことに驚いております。

私たちは地域で医療活動をさせていただいていることを鑑み、スタッフ一同コロナワクチン接種に協力したいと思いクリニックでの「個別接種」実施に手を上げました。
しかし、私たちの使命はコロナワクチンを接種することだけではありません。通常の医療、介護の活動を行う必要もあるのです。

そこで当院のコロナワクチン接種についての方針をお示しし、皆様のご協力を頂きながら穏やかにコロナワクチン接種を進めていきたいと考えております。
下記「当院の方針」をお読みになってご理解いただき接種の円滑な実施にご協力をお願いできれば幸いです。

当院の方針

①まずは当院へ通院歴のある方(診察券をお持ちの方)を中心に接種を行います。円滑に回るようになったら順次、通院歴がない方も受け入れる予定です。
理由は:通院歴があればカルテがある方はお名前 住所の確認がしやすいからです。ワクチンは接種より受付業務に非常に時間がかかります。
当面 火曜 水曜 土曜に行う予定です。
希望者が多く枠が足りない場合には増やすことも、希望者が少ない場合には減らすことも考えています。
火曜日・水曜日 12:30-13:00
土曜日     12:30-14:00の指定の範囲内で接種を実施します。

電話でのお問い合わせには応じられません。不遜なようですがワクチンについての問い合わせが多く、スタッフがワクチンについて電話対応に追われクリニックの他の業務に支障がでています。何卒ご理解いただきますようお願いします。

③当院は、院内で接種日のアンケートを書いて提出いただき接種日を調整させていただきます。アンケートはクリニック受付で原則1人1枚お渡します。 アンケートは現在お渡ししています。

※ご夫婦 親子など事情がある場合にはスタッフへお伝えください。
なるべく同時にうてるように配慮いたします。この場合にも1名1枚アンケートの提出をお願いします。

アンケートには番号が振ってあります。他の方と共有はできません。
提出は任意ですが誰かに譲渡することやコピーで2枚提出はご遠慮ください。同じ番号のアンケートが2枚以上提出された場合には接種日の指定はされません。
接種日調整結果は院内とこのページでお知らせします。

公表する時期は毎週金曜日とします。これは2週間後の接種予定者です。
例えば6/9の接種者はその2週間前の5/21に発表します。

なぜこの日に発表なのか? 質問をうけましたので実情をお話しましょう。
実は2週前の水曜日(だいたい夜から深夜)に横浜市からメールで配送されてくるワクチンの数が知らされるのです。そこから調整するため金曜日に発表するというわけです。
横浜市のマニュアルによれば確定後に予約を取ってくださいとありますが
これでは混乱を招くだけです。
当院はすでに皆さんに希望の日程を提出いただいているのであとは人数を微調整するだけですみます。
接種日の決定はどうなった?など電話での問い合わせは極力ご遠慮くださいますようご協力をお願いします。

慌てなくとも必ずワクチンは打てます!!
希望される方、どうか静かにアンケートをご提出ください。

 お急ぎな方、集団接種に自由にいくことができる方は集団接種で受けるほうが早いかもしれません。
当院は小さなクリニックです。一般診療をやりながらワクチン接種は1日あたりの人数も限られています。
地域に根付いたクリニックとしてまずは近くの高齢者、要介護者から接種を始めたいと思います。慣れてきて、スムーズにいくことが分かれば制限を外しますので少しだけお待ちください。

④ワクチン確保数(確定数)は2週間前の水曜日夜、横浜市からにメールで来ます。
ここから予約を取ってよいということなのですが、仮にここから予約を受付すると絶対に混乱します。なのであらかじめアンケートで接種可能な予定をお伺いしておき確定したら接種日を調整のうえ発表する形を考えました。③にも記載しましたとおり2週先の接種予定者を金曜日に掲示します。掲示はお名前ではなく番号で行いますのでプライバシーは守られます。ご安心ください。番号を書いた紙はなくされませんようにご注意ください。
混乱回避のためお手数をお掛けしますが宜しくお願いします。
繰り返しますが電話でのお問い合わせはされませんようにお願いします。
接種日が決まりましたら毎週金曜日に院内とこのページに掲載しますのでご覧いただくか、どなたかに確認してもらってください。
番号がないということは次週以降の接種日になったということです。

⑤アンケートに日程を記入いただく具体的な方法ですが
アンケートには番号がふってありますので1名1枚お受け取りください。
ご希望の日程に丸印を書いてご提出ください。
ご予定があえばいくつ〇をつけていただいても結構です。
いつでも良ければ調整がしやすくなります。
(アンケートは今後変更される可能性があります)
ワクチンアンケートVER0

ご注意:2回目の接種日は3週間後の同じ曜日となります。
例えば  6/5が第1回目の接種日の場合は
     6/26が第2回目の接種日です。
1回目のワクチンが確保できれば必ず2回目は接種できます!
2回目の接種日に予定がないことを確認してください。
2回目の接種日に都合がつかない、熱が出たなどの場合には接種できません。後日打てるようにできるだけ調整しますがワクチンの確保ができないこともありますので2回目も予定日に打てるように調整や体調維持をお願いします。ご相談は窓口でお願いします。
一旦溶解したワクチンは6時間以内に使い切らなくてはなりません。
2回目の接種に都合がつかない方が2人いた場合、最悪2人分ワクチンを廃棄することになります。

⑦予診票記入でのよくある質問のQ&Aを作成しますので参考にしてください。極力接種日の質問はここで解決してお越しください。
どうしてもわからない方は遠慮なくクリニック内でスタッフにお尋ねください。繰り返しますが電話での質問へのお問い合わせには応じられません。

⑧集団接種や他院で接種することになった場合にはお手数ですがキャンセルの連絡をお願いします。キャンセルの場合はお電話で構いません。
アンケート番号とお名前 診察券番号をお伺いします。
ワクチンを無駄にしないためにも直前のキャンセルは極力しないようのご協力をお願いします。
一方 接種予定者からキャンセルの申し出があった場合には当方から接種待ちの方へその日に接種できるかどうか打診の連絡をさせていただくことがありますのでご対応を宜しくお願いします。

⑨上記のシステムは予告なく変更されることがございますがどうかご了承ください。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional